ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

不要なモノをネットで売りたい!~ヤフオク!かメルカリか、選んでみよう編~

インターネットで出品する(売る)なら、

有名なヤフオクか、メルカリがオススメです。

 

hiyamano.hateblo.jp

 

こちらの記事で触れましたが、機能的には殆ど同じです。

ですから、どちらを使って頂いても問題ありませんが、多少の違いがありますから

そちらを紹介して、合った方を使って頂ければと思います。

もちろん、両方をうまく使いこなすのもアリです。

 

ちなみに私は…

 

ヤフオク歴…5年、評価は約300(悪い評価はついたことない)

      ※オークション(Yahoo!プレミアム)としての利用が大半

       今年3月から現在に至るまではフリマ出品のみ利用

メルカリ歴…3か月、評価は約30(こちらも悪い評価なし)

 

こんな感じで少なくとも300回以上は取引をしたことがあります。

まぁまぁの経験者ですから、自信を持って紹介しますよ!

逆に…300点も不要なモノを持っていたのか、と自分が恐ろしくなる…

まぁ、細々としたモノですし、大半がアニメグッズでしたから、

これだけの量になるのも仕方ないのかな…。

 

以前まで、ヤフオクの方にフリマ機能が無かったため、メルカリとは

違いがいくつかあり、どちらかといえば初心者には難しいという印象でした。

しかし、プレミアム登録なしに出品できるフリマ機能ができてから、

(※オークションとしての機能を利用するにはプレミアム投稿が必要)

ヤフオクの使いにくさが大分改善されたようです。

 

f:id:hiyamano:20170529195632p:plain

 

これは、実際の出品画面ですが、殆ど変わりませんね。

実は、取引画面もほとんど変わりません。

 

では、何が異なるのか?

それは…

 

主に、この2点です。

 

売上金が手に入る早さ

ヤフオクの場合は、売れたらその都度売上金(手数料が引かれた状態)が

送金されます。もちろん、数日かかりますが。

しかし、メルカリの場合は、売上金を引き出す時、

合計売り上げ金額が10,000円以下の場合、振込み手数料210円かかります!

…そう、手数料がかからないようにお金を引き出すには、

売上が10,000円を超えるまで待たなければならないのです!

何が何でも10,000円を越えるまで絶対に引き出せない!…というわけではありません。

しかし、210円は以外と大きいです。

例えば、メルカリで出品できる最安値は300円なのですが…

販売手数料10%引かれますから、270円の利益になります。

この1点分がほとんど振込み手数料で消える…と考えると、もったいないでしょう!?

 

※販売手数料について、ヤフオクもプレミアム未登録の場合は10%です。

しかし、プレミアムに登録している場合は7%になります。

 

このように、売れたらすぐそのお金が欲しい!という方には、ヤフオクの方が良いといえます。

ただ、メルカリは、売上がすぐ引き出せず貯蓄されることになるのですが、

その売上金を使って、購入することができます。

売ったお金で買う…「交換」に近いような気もしますが、メルカリにはたくさん

お得な商品がありますから、そういう使い方もアリだと思います。

 

送料の負担が自分か相手か

 

ヤフオクの場合は、大体が購入者が送料を負担」します。

一方、メルカリでは「出品者が送料を負担」します。

(絶対的な決まりではなく、傾向が強いということです)

ですから、メルカリの場合は送料がいくらになるか想定して

値段設定をする必要があります。何故なら、収益よりも送料が上回ることも

重々有り得るからです。

 

もちろん、送料が相手負担だからといって、高額になっていいというわけではありません。

重量によって、料金の変わるもの(例えば、定形外)であれば、梱包の工夫で

安くなるようにした方がいいです。

また、なるべく送料は書いた方が売れやすくなります。

たまに、送料を記載せず出品している方がいますが…

商品の重さ等がわからないと、送料がいくらかかるか分かりにくいですから、

買うかとても迷ってしまいます。

購入(落札)するときは、送料がいくらかかるか了承したうえで行いますから、

送料の記載はしっかりしておきましょう。

 

 

今や、殆ど使いやすさに違いのないヤフオク!とメルカリですが、

細かい点で違いがあったのがお分かりいただけたでしょうか。

私は、長い間ヤフオクを使用しておりましたが、その中で半年以上出しても

売れない…という商品がいくつかありました。

そこで、その商品をヤフオクで出すのをいったんやめ、メルカリに出品した

ところ、売れた!ということがありました。

ヤフオク!にはいないユーザーがメルカリにはいた、ということです。

そういうわけで、両方利用することで、うまく売るようにしています。

語弊のないよう、申しておきますが…同時出品はダメですよ。

 

両方でも、片方だけでも、あなたが合うなと思った方で

出品を試していただければ、と思います!

慣れた頃には…

「より確実に売りたい!」

「できればもっと高く売れないだろうか」

と考え始めてくると思います。

 

その事については、また追々書きたいと思います♪

 

以上です!

 

関連記事♪

 

hiyamano.hateblo.jp