ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

生活コストを下げて、生活の質を上げたい。「必要最低限」のススメ。

こんばんは、ひやまです。

最近、若干更新をサボっております…。

仕事から帰ったらすぐ寝てしまいます。最大10時間寝る事も。

睡眠は最大の癒しである一方で、趣味に時間を使えないのが悔しいという

思いもあります。しかし、日々睡魔に負けてしまう…。

 

そんな日々を送る中で、ふと思ったのが

「もっと人生を豊かにしたい」

ということです。

まぁ、ざっくりしていますが、もう少し細かく申しますと

「限られた時間の中で、無駄を省き、好きなことに集中したい」

という感じです。

 

例えば、私のブログのメインテーマである「断捨離」

これをもっと進めていけば、無駄が省けると思うんですよね。

モノが無ければ、掃除が楽になりますし、

モノが少なければ少ないほど、視覚的な意味で

やりたいことやするべきことが明確になります

 

また、「断捨離」を進めていくうえで、

「本当に必要なモノは何か」

が分かるようになってきます。すると、無駄遣いが減ります

本当に重要なことや、モノだけにお金を使うという事ができます。

そうするとね…

あまりお金に執着がなくなってくるんですよね。

 

学生時代、私は漠然と

「将来は安定した職について、高収入を得なければ生きていない」

と考えていました。

まぁ、結果的に大学を卒業して1年契約の事務員

という道を歩むことに

なりましたが…。

価値観がどんどん変わっていきました。

 

たくさん収入を得て、ブランドモノを買ってキラキラした人生を歩む

 

それを夢見ていた私ですが、今は

 

必要最低限の暮らしを送りながらも、日々穏やかでいられる

 

ことを望んでいます…。

もともと「もったいない精神」が強く、節約を好んで行っていたという性分も

原因のひとつかと思います。

 

このように、考え方が変わったことで、ある変化がありました。

それは、自分らしくいられるようになったことです。

 

今まで、鈍感でノロマでデキない自分が大嫌いでしたが、

シンプルを追求するようになってから、そんなことは気にならなくなりました。

確かに自分は比較的劣っているかもしれないけど、

誰よりも傷つき易いぶん、人一倍人に優しくできると思います。

優しさは金にならないし、仕事において役に立たないかもしれないけど、

自分の優しさがどこかで誰か一人でも、一瞬でも幸せにできたなら

もうそれで十分だと考えられるようになりました。

「必要最低限」って、こういう意味でも大事だと思います(笑)

 

自分自身のキライなところに向き合って、それを認める事。

「ありのままの~♪」という曲が流行りましたが(もう古いのかなw)

その通りだと思います。でも、それが難しいことであるのも事実。よくわかります。

難しいけど、私は「断捨離」を進めていくうえで、できるようになりました。

 

…とはいえ、まだまだです!私の断捨離・シンプルライフ計画は!

正直、最近は早すぎる日々を乗り切るのに精いっぱいですが…苦笑

もっとモノを減らしていくよう努めてまいります。

それでは、今回はこのあたりで♪

 

 

関連記事

 

hiyamano.hateblo.jp

 

 

 

 

 ↓押してもらうと励みになるボタン(*'▽')

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村