ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

「将来の夢」がないのは悪いことじゃない!小さな目標をクリアして、毎日を充実させればOK

こんばんは。

サザエさん症候群を避けるべく、Youtubeで現実逃避しようとした結果

オススメ動画にサザエさん関連の動画が表示されて絶望したひやまです。

いいえ、サザエさんは何も悪くないんです…(笑)

 

 

さて、今回は「将来の夢」について語ります。

私の友人が、就職支援関係の仕事をしているので、

最近そういう話を聞くのですが…

そういえば、私って将来の夢っていうのが特になかったなぁ…

と考えさせられました。

 

 

目次

 

1.「将来の夢」がないことは、悪い事なのか

 

夢を持て!という風潮は強いですよね。

小学校の卒アルとか、文集とか、プロフィールとか。

何かしら「将来の夢」を書くよう要求された記憶があります。

その時、私はいつも「そんなこと聞かれたって…」という感情を

抱いていたのを記憶しています。

とはいえ、書かなきゃいけないものは書かなきゃいけないので、

まぁ本気ではないけどとりあえず思いついたものを書くか

…そんな感じで渋々書いてました。

 

一方、周りの子は割と真面目に「将来の夢」を書いていて。

あぁ、それが普通なんだな…と、なんだか

「夢を持っていない自分」がいけないんだと考えていました。

 

しかし、今になって言えるのが、

別に悪いことじゃないんだということです。

偶然、今の年齢に至るまで「やりたいこと」や

「なりたい職種」が見つからなかった、ただそれだけです。

皆が皆、若いうちから夢中になれる事を見つけられるわけではありません。

死ぬまで見つけられない可能性だってあります。

それでも、ピンとくるものが見つからなかった…

それはそれで、いいと思います。悪い事ではありません。

 

 

 

2.学生時代に「将来の夢」の項目に書いた事

 

 

保育園時代の「将来の夢」の項目には

「すしや」と書いてありました。

その後、寿司を握るどころかバイトすらしてません(笑)

小学校の卒アルには、「声優」です。

完全なる黒歴史です。いや、なりたいんじゃなくて会いたいんや!

もちろん養成所に行くなり上京するなり、一切してません。

そして、中学生時代は「公務員」でした。

うん、安定したかったのね。

しかし、就活の時には受験すらしませんでした。

 

このように、一応書いたのは書いたのですが、

いずれも本気ではないため、それぞれの夢を叶えるための

行動を一切起こしていません。

当然です、本気ではないのですから、そんなモチベーションはありません。

 

 

3.「将来の夢」がある人は、輝いて見える

 

私自身、夢を持っていませんでした。

ですが、夢を持っていて、それを叶えるために勉強するなど

行動を起こしている人は何人も見てきました。

そういう人はやっぱり、輝いてます。

一体どれだけの人が、夢を叶えるのかは知りません。

ですが、その目標に向かって日々頑張っている姿を見ていると

「いいなぁ」と感じますし、応援してしまいます。

一方で、特に何の目標もなく日々をこなしている自分と比較し、

「こんな自分って…」と思うこともあります。

それが、罪悪感に繋がってしまうんですね。

 

「将来の夢」がないことは、決して悪いことではありません。

ですが、「将来の夢」がある人が

輝いて見えるのも事実です。

そして、そんな輝いている人たちの人生は、きっと質が高いでしょう。

 

本当は、「生きてる」だけで十分なのですが、

人間は「生きてる」ことに目的や意味を見出そうとしがちです。

「将来の夢」を持ち、行動している人たちは、

その目的や意味を見出しているから、毎日生き生きと生活することができます。

(もちろん、その中には挫折や苦労もたくさんあると思いますが)

 

「将来の夢」を持たないといけない

というわけではありませんが、持っていた方が毎日が充実するのも事実。

とはいえ、1でも述べた通り、そう簡単に「将来の夢」を見つけられる

わけではありません。

 

4.「将来の夢」が必ずしも職種である必要はない

 

例えば、趣味の〇〇をもっとやりたい!など

職種とは関係なく、もっと自分の心に正直になり「やりたいこと」を

明確にすると、それが「将来の夢」になります。

それを叶えるために、資格を取得しないといけない…なんてことは当然ありません。

しかし、例えばこの場合だと「いかに時間を確保するか」など

計画し、行動する必要があります。

それだけで十分、何もせず漠然と日々を過ごすよりは

質の良い生活を送ることが出来ます。

 

私の場合、今の夢は奨学金を一年以内に全額返済することです。

そのために、お金の管理等に力を入れています。

こんなこと、もちろん文集とかに書いたりはできないんですけれど(笑)

 

5.まとめ

 

「将来の夢」がない人にとって、

「将来の夢」がある人は輝いて見えるものです。

しかし、「将来の夢」がない自分だって輝けます。

なりたい職種がなくたって、

〇〇がしたい、〇〇に行きたい

どんな些細なことでも、それらを叶えるために行動していたら、

日々の生活はもっと充実します。

 

また、些細なことでも「自分のやりたいこと」や、

「自分の好きなこと」が分からない…という場合は、是非

「断捨離」を進めていってみてください。

その過程で見つかることがあります。

 

それでは、今回はこの辺で♪

 

 

 >↓押してくださると励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村