ひやまの「断捨離で自分を好きになる!」

「自分を大切にするってどうやるの?」自己肯定感が低いことに悩み続けてきた私が断捨離を始めた結果、少しずつ自分を大切にできるようになった話と、そのほかいろいろ語ります。

【お題:今日の出来事】久しぶりに友達と過ごして刺激になりました。

お題「今日の出来事」

 

今日は午前中のみ仕事でした。

その後、大学時代の友人とランチや買い物に行き、

久しぶりにたくさん話をしました。

 

今の仕事先に、所謂「同期」はいません。

いるのはいるのですが、私の部署にはおらず、

全く接点がありません。上司だけです。

よって、そういった意味では少し孤独を感じる日々を過ごしておりました。

そんな中、一か月ぶりくらいに大学時代の友人と会ったということで

とても新鮮な気持ちになりました。

 

普段、仕事場で雑談はするものの、やはり上司ですから

腹を割ってアレコレ話すことはできません。

しかし、友達とはなんでも話せるので、ストレス解消になりました。

 

今日会った友達とは、共通の趣味があるという意味で気が合うのですが、

性格面で正反対だなぁ…と感じることがあるので、話していて刺激になります。

 

例えば、今日本屋に行ったのですが…

私は極力モノを買わないということを意識しているため、

「漫画」を買いません。電子書籍を買うことはありますが。

(とはいえ、書籍のほうが圧倒的に読みやすいと思います)

しかし、友達は何でもかんでも購入するタイプですから、

その姿を見ていて、つい釣られそうになりました…(笑)

できることなら、私もそのスタイルで買い物したい。

でも、表紙買いで失敗したり、買ってもすぐ売ってしまう過去があったので

とても慎重になってしまうのです。

今日は結局何も買わなかったのですが、友達がたくさん買っているところを

見ただけで、自分も買い物欲を発散したような錯覚を得ました(笑)

 

また、そろそろ帰ろうかと駅に向かうと

「え、もう帰るの!?」というリアクションをされました。

お昼に会うということだったので、夕方には帰ろうかな、と考えていた私。

しかし彼女は違ったようでした。

そういえば、私はカラオケのオールなどしたことがなく、

友達と一日中遊ぶという経験がなかったのです。

もちろん、旅行に行く時は「一日中遊ぶ」ことができるのですが、

そういった非日常の中ではなく、普段の生活の中でそういったことをしません。

一方、彼女は、友達と夜遅くまで遊ぶというのが普通みたいです。

 

こういった、何気ない「違い」があるのですが、

それは私が普段一人で過ごしている時には気付けないことですから、

何だか刺激を得た気がしました。

たまには、漫画を直感で買ったり、時間を忘れて遊びまくるっていうのを

してみるのもいいのかなー、なんて思った今日このごろです('ω')ノ

 

 

 ↓押してくださると励みになります!(*'▽')

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村